「D STUDIO」に登録された作品

水魚の交わり

予告編

青春ドラマ

中学三年生の魚住と水城。二人は共通点が多く、登下校を共にしている。
いつもと変わらない学校での日々。
ある日、魚住は水城の引っ越しを人づてに聞いてしまう。
魚住はもどかしさを抱えたまま、水城は去ってしまった。
水城の存在を追いかけた魚住が辿り着いた先とは…。

焦点

ドラマ

高校を卒業した春休み。愛子の元へ突如、幼馴染の陸が姿を現す。
傷を消した“愛子”と残した“陸”
6年間の隔絶を経て、2人は互いの孤独に触れる。

よごれ

予告編

「無料で靴磨きをする代わりに僕の夢を聞いてほしいんです」
と言って靴磨きをしている青年、優輝。
無料とうたってはいるが、彼が靴を磨いた人は、思わず彼にお金を支払ってしまう。
靴磨きを通して交わす言葉によって変化していく優輝。
嘘の中で生きている優輝が、その嘘が誰かを幸せにしていると知ったとき、
何を思うのだろう。

故郷

ドキュメンタリー

田舎に住む家族の日常を綴ったドキュメンタリー映画。監督の家族にカメラを渡し、
遠隔で指示を出しながら撮影した。普通のドキュメンタリー映画とは違った
アプローチができないかと思案して最終的に編集者を三人に増やすこととなった。
同じ素材映像から三本の短編を作り、それを合わせて一本の作品に仕上げた。
三者それぞれの観点から同じ素材映像でも異なった印象を与え、
全編通してみることで映画の全体図が見えてくるように意識し制作した。

君が散る頃に

ヒューマンドラマ

結婚記念日1年を迎えた新婚夫婦、大輝と沙紀。幸せな家庭を築く二人にある日不幸が訪れる。
交通事故で沙紀の意識が不明。命は落とさずも植物状態になってしまう。
それをきっかけに大輝はほぼ引きこもりの状態になってしまう。
大切な人が急に目の前から消えた時、大輝はどう立ち直るのか。

Ad lib.

SF

高瀬律はある日、家に居候している幼なじみの宇佐見健介からヘッドホンを借りる。
それは周りの音がいつもと違って楽しく聞こえる不思議なヘッドホンだった。
たちまち律はそんなヘッドホンから聞こえる楽しい音の虜になった。
音の世界に夢中になるうちに、宇佐見や周りのことが見えなくなっていく・・・

せなかあわせ

映像詩

12歳の男女が背中合わせになって座っている。
ふたりは好きな本や趣味、考え方や見ている景色も違う。
遠いようで近く、近いようで遠い。
だが、お互いにとってかけがえのない存在。
ふたりは本にまみれた小さな空間でポツリポツリと言葉をこぼしていく。

喫茶変

予告編

コメディー

賭け事ばかりで錆び付いたような毎日を送っている大井祥太は、
高校時代からの仲間で唯一の友人・佐々木祐介を行きつけのカフェで待つ間、
そのカフェの店員・麻里に恋をしてしまうー。

まばたき

予告編

青春映画

幼馴染であるひかりと美空。中学では常に一緒で親友だった。
同じ高校に進学する二人だが、徐々に美空はひかりと関わらないようになる。
崩れていく二人の関係。親友に戻れる日は来るのか。
高校生の心の葛藤を描いた物語である。

してぃーぼーいず

予告編

社会人5年目のイツキはただ時間が過ぎていくだけの日々を送っている。
母との電話の最中、大学時代の記憶がイツキの脳裏によぎる。
かけがえのない親友たちとアトリエで過ごした夏。
1つの音から結ばれたイツキの記憶は誰もが通過した"若者であった自分たち"を鮮明に写す。

170mm53db

予告編

ヒューマンドラマ

新型コロナウイルスの影響で、自宅マンションからリモート出社する毎日。
可愛い後輩、告白予定の幼馴染、会社での評判だってそれなりに良い。
でもそれは一生続くわけではないらしい。
行き場のない怒りや不安を感じた時、騒音が音楽に聞こえたら。
僕らはまた前を向けるだろうか。

浮かぶかたつむり

予告編

映画

——彼女は何を聴いていた わたしは何を聞いていた

大学一回生の塩田結依は時の流れるままに日々の生活を送っていた。

ある日、ふと帰りに買った「写ルンです」を手に取る。

思い返されたのは、高校時代に近い存在であった一ノ瀬雫の姿と守れなかった「約束」。

現在の自分とあの頃の自分。親友との関係性。記憶と感情が繊細に織りなす青い物語。

------

水の中に潜った時、イヤホンを耳にはめた時、私という1人だけの空間を感じてきました。

本作では、「水」と「イヤホン」をキーポイントとし、主人公 結依 と高校時代の友人 雫、
ふたりのお互いに対する思いや重みを比喩表現を用いて描きました。

目の前の世界が人生の全てにさえ思えた思春期の、葛藤、孤独、心の距離を
ふたりの世界を通して感じていただけたらと思います。

この映画が誰かを思い返すきっかけに、誰かの居場所になれたら幸いです。

IN

IN

映画(ホラー)

2つの画面に映る男と女。

女は作業を、男は本を読みくつろいでいる。しかし段々と男が不可思議な行動をし始めて、、、
完全リモート撮影で描いた新感覚ホラー、誕生。

トレンディはスマートじゃない?!

トレンディ

映画(SF、コメディ)

80年代を生きる男女の元に、突如スマートフォンがタイムスリップする。スマートフォンが2人の関係に及ぼす影響とは… ?!

新型コロナウイルスにより、インターネットが必要不可欠になった今だからこそ、伝えたい物語。



現代を生きる私たちは、インターネット・SNSを通じていつ何時でも沢山の人と繋がることが出来ます。



ですがその便利なツールがあるからこそ、「いつでも繋がれる」という余裕が生まれたり、
どこか人と人との間に距離が生まれているように日々感じていました。



ここでふと、1980年代の日本に遡り考えてみました。携帯電話があまり普及していなかった当時、物事を直接伝え合うことで人と人とは繋がっており、現代よりも距離感が近かったのではないかと思われます。

私は、当時の人が持ち合わせた「繋がる力」こそ、コミュニケーションにおいて重要な要素であるように感じました。

新型コロナウイルス流行から、コミュニケーションをとるためによりインターネットが必要不可欠になった今だからこそ、
もっと直接的に心を繋げあおうとする気持ちを重要視するべきなのではないかと、強く、感じました。



皆さまそれぞれが握る人との繋がりや距離感、それらを改めて注目してみる。
この作品がそのような小さなきっかけになれば、幸甚に存じます。

距離感

距離感

映画(コメディ・会話劇 )

新型コロナウイルスが流行している中、自粛期間を経て久しぶりに再会した恋人同士の石崎と宮下。

いつもと様子が違う宮下は石崎にとある提案をするが…

離れていても繋がるこの時代で二人が見つけた「繋がり」とは。



制作中に多くのトラブルがあり、正直何度も不安になりましたが、
多くの人の支えのおかげで一つの作品として完成させることができました!

このご時世だからこそ多くの人に観て欲しい作品です。

あいいろ

あいいろ

映画(ヒューマンドラマ)

女遊びが絶えない、タナカ。

何度も浮気されても離れられない、さっちゃん。

そんな二人をいつも見守るゴマ。



自分に正直に生きようとする3人。

タナカが愛していたのは…

"自分に正直に生きる"をテーマにこの作品を作りました。

正直に生きるというのは、相手を傷つけてしまったり、自分が傷ついてしまうこともあります。

そんな、人間の不器用さをタナカ、さっちゃん、ごまちゃんを通して感じていただけたら幸いです。