LUMINA

LUMINA


予告編

作品ジャンル

映画

作品紹介

who are you
I travel 
A wanderer 
A stranger 
A founder 
A questioner
Like you
or
?

CAST

石田 健太 ​​Ishida Kenta

1999年生まれ 兵庫県出身

地上の空気を早く吸いたくて、予定よりかなり早く生まれた男。乳児の頃は凶暴過ぎて、両親曰く、まるで怪獣のようだったらしい。

果たして、どんな人間になっていくのか…

代表作は、『嵐電』鈴木卓爾監督 有村子午線役。他にも多数の自主制作映画に出演。

監督

WEN SHAOJIE 
​​温 少杰(オン ショウケツ)

監督/編集/撮影/録音/vfx/カラコレ


SOTSUTEN 2020

京都芸術大学 映画学科

作品へのコメント

  1. 僕は個人的に温君の他の作品、カメラで参加した作品の画は見事だけど、今一つ心に響かない。うますぎるのか、色気みたいなものを感じない印象だったんだけど、この映画は違いました。
    心に響く画の連続で、すごくおもしろかった。
    石田健太がとても良かった。多分彼の出演作で今のところ一番かもしれない。
    役者の魅力を引き出せるってのは温君の演出と撮影が良かったんだと思いました。
    温君はきっと思い描く撮りたいものが強すぎて、撮影のみでの参加ではその温君の本来持ってる良さが引き出せなかったのかもしれない、って思いました。
    実際、自分の撮りたい作品を作り続けることって大変なことだから、また温君は撮影の技術が優れているので、今後撮影の仕事が増えていくと思います。
    その際は其々の作品やその監督、役者の想いに、もっと寄り添ってみてはどうでしょう?想像もつかない素敵な画が見れる気がしました。
    セリフがない、どこの国の人が見ても心に響く作品だと思うので海外も視野に入れた展開をしていくだろうと思います。この作品がドンドン飛躍していくことを期待しています。

  2. 【lumina】を観て、
    今の閉塞感のあるこの状況において、私はずっと大声で叫びたかったのだと感じた。映画の中で、主人公 石田健太さんが私の代わりに思いっきり叫び、あらがってくれていた。美しく神秘的な風景、透明感があるが存在感のある主人公、音楽、心地よいナレーション、私の鬱屈していた気持ちがすーっと洗われたようだった。ありがとうございました。

  3. 最初、主人公のアップから始まって段々と画角が大きくのがオンラインで、スマホ画面で観ていても視界が広くなっていくようで面白かったです。水面を掻くオールや木々のカットなど場面の切り取り方が観ていて楽しかったです。都会の雑踏も大自然もその人の感じ方によっては様々ですが今回、石田くんはほとんど台詞無しでもその機敏が伝わってきた気がします。個人的にとても好きな雰囲気の作品でした。温監督の他の作品も観てみたくなりました。

  4. とても美しい作品でした。特に今、旅することに飢えている私は心癒されました。
    と同時に切なくもあり。
    作品紹介の欄に書かれてた英文のように作品の中で時間が流れていくのを感じました。
    随所にタゴールやディキンソンの詩が引用されていましたが、温監督はインスパイアされるところが多かったのでしょうか。
    タゴールは素晴らしいですね!!
    セリフが皆無に等しい作品。私は全くの素人ですが言葉で感情を表現できない分、非常に難しいのではと思いました。顔は自らの一部なのに、よほどのナルシストでない限りそんなに自らの表情を意識して見ることはないと思います。
    そこを見事に表現している石田健太さん、素晴らしいと思います。
    少年が青年に成長していくような時間の流れ。
    主人公が海岸で苦悩の表情を浮かべ叫ぶ表情への変化がすごいです。
    一方で都会の中の主人公。
    マスクをして顔が半分見えず、今は特にみんながこの状態で生活をしている状態。
    客観視するとものすごい閉塞感を感じるものですね。
    映像の中の美しい自然の中で、自分も寝転んで思い切り深呼吸してみたくなりました。
    美しい作品をありがとうございました!!

  5. 不思議な映像でした!
    綺麗な風景写真を観ている様で…
    少年の様な青年が…セリフ無しで旅する?歩く姿に引きこまれました。こんな映画もいい感じですね
    私は石田健太君のファンです!
    嵐電で見せてくれた姿から…
    また、大きくなられ凄い成長!
    これからも応援していますから…
    ケンケン素敵な映画ありがとう。

作品の感想を投稿