リオンと散歩

(対談:米川幸リオン×鈴木卓爾)

リオンさんのことを学生時代から知る、映画学科教員であり映画監督・俳優の鈴木卓爾さんと二人で散歩をしながら、これまでの道のりとこれからについて対談していただきました。在学中のこと、ターニングポイントとなった作品、卒業後のこと、『二重のまち/交代地のうたを編む』に参加した経緯など、のんびりとした打ち合わせからお楽しみください。


プロフィール

米川 幸リオン ​​Yonekawa Kou Leon

1993年三重県生まれ。父親がイギリス人、母親が日本人のニッポン人。京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)映画学科俳優コースと映画美学校アクターズコースを卒業。主な出演作品は、チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション 、チェルフィッチュ『消しゴム山』/『消しゴム森』、小森はるか+瀬尾夏美『 二重のまち/交代地のうたを編む』、ミヤギフトシ『感光』など。また【伯楽-hakuraku-】のメンバーとして、岩手県住田町でのインディペンデント映画の企画〜上映までも行なっている。


轍 ——『二重のまち/交代地のうたを編む』米川幸リオン——

卒業生の活躍をクロースアップするとともに、それまでの道のりを振り返る特集
「轍(わだち)」米川幸リオンさん特集


インタビュー

京都芸術大学 映画学科

対談

作品へのコメント

  1. 「リオンと散歩」ーーリオンらしさ爆発の作品だなと思いました。ていうか、本ができあがっていてリオンが演じているのではなく、散歩しながらの対談なんだからそれで当たり前なんだけど。
    せっかく鈴木卓嗣監督から「人間シャララ宣言」について説明してと、振ってもらっているのに簡単に応えてしまい、卓嗣さんがアララってなるところなんて、やばいです。臨場感たっぷりなんだけど(笑)。
    ターニングポイントとして、また、それ(柘植勇人監督「人間シャララ宣言」)で自分は俳優になったと述べているわけだから、たっぷり時間かけて、その話を聞きたかったわ。まあ、それも含めて、リオンそのものでいいわけだけどね。
    卒業後の、新境地と一言では片付けられないリオンの様々な挑戦?そんな活動について、格闘しているというよりは、むしろ生き生きと楽しんでいる様子がダイレクトに伝わってきました。そんなリオンがいてくれることを、とても、とても、嬉しく思いました。
    これからのさらなる飛躍を期待しております。
    また、このような、卒業生をあたたかく見守り、その活躍を励ますという、鈴木卓嗣監督や京造映画学科の姿勢に心から敬意を表します。(今は京都芸術大学映画学科ですが、あえて京造映画学科と書きましたので悪しからず)
    最後に、D STUDIOというサイトの立ち上げに感謝します。今後も、いつまでも立ち寄らせていただきますので、末永くよろしくお願いします。

    • 柘植達志様
      コメントどうもありがとうございました。インタビューのやり取りは聞き手との共同作業だと思うので、私もなんだかうまく調子を作れていないのかも、と思いつつ、リオンさんのノリを観ていただけたようで嬉しいです。今後も様々なことをDSTUDIOから発信していきますので、どうかお見守りくださいませ。

作品の感想を投稿