花心 ファーシン

花心 ファーシン


予告編


物語(あらすじ)

写真家の祖父・哲郎の写真展の手伝いをする祐二。
カメラに興味を持ち始めた矢先、哲郎の訃報に接する。
写真に“魂が吸い取られる“と言っていた哲郎を撮ってしまった過去の行動に後悔しながらも、写真の魅力に惹かれる祐二は、哲郎の被写体の女・麗と出会い私を撮って殺してと志願される。


CAST

岸水小太郎/相田祐二(あいだゆうじ)役
Kishimizu Kotaro

2001年生まれ。京都府出身

出演作:
水魚の交わり』(監督:村田陽奈)

作品へのメッセージ

生きること。死ぬこと。それらに理由など必要ない。
ただ、生きているときに何が残せるのか。死ぬときに何を遺せるのか。
残し遺されるものに写真はぴったりで。
交わることはなかったであろうふたりが、共通のひとりの大切な人を亡くし、交叉していく。
遺されたものを纏い、なにかを残そうと奮闘し、生きようとするふたり。
本作に登場するたくさんの人物たちの生きるエネルギー。
ぜひみなさんに見届けていただきたいと思います。


前田紗葉/麗(れい)役
Maeda Suzuha

2000年生まれ。大阪府出身

人間関係に悩んでいた小学生の頃、女優になれば今とは違う人生を生きられるのでは、自分じゃない人物になれるのではないかと思い、女優を目指す。

主な出演作品…田中さくら監督 映画『夢見るペトロ』(第16回田辺・弁慶映画祭 俳優賞受賞)、NHK土曜ドラマ『みをつくし料理帖スペシャル』(2019)、マイナビバイトweb CM『いろいろある篇』(2022)など

作品へのメッセージ

大切な人が目の前からいなくなってしまう。やっと見つけた安らぎだった。またか。またなのか。
自分のもとからいなくなってしまったことに、悲しみや喪失感を感じるだけでなく、怒りを覚えることもあるのではないか。
そしてまた、新たに人の温かみに触れることで、それは例え短い間のまやかしなのだとしてもまた一歩、少しずつ前に、そうやって繰り返し進んでいくしかないのではないか。そんなことを思いながら、実際に感じながら撮影を行っていました。


STAFF

      プロデューサー:中川美里
撮影・カラーグレーディング:安本未玖
           照明:山田颯馬 
        録音・整音:佐伯いずみ、冨山侑起
        美術・衣裳:中川美里、長堀葵
           制作:時岡怜美、中川美里、⻑島佑記、山田颯馬
           編集:瀬戸邑佳、安本未玖
          助監督:瀬戸邑佳
        脚本・監督:安本未玖


監督

安本未玖/脚本・監督
Yasumoto Miku

2000年7月8日生まれ。福岡県出身

祖父からカメラを貰ったことをきっかけに人を撮ることに興味を持つ。

監督作:
浮かぶかたつむり』第23回ハンブルク日本映画祭賞受賞
カンパニュラの少女』第33回東京学生映画祭実写長編部門 審査員特別賞受賞



Tag

#SOTSUTEN2022#京都芸術大学 映画学科#映画


作品の感想を見る

感想をお待ちしております。


作品の感想を投稿

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は公開されません。