COSTUME IS READY

COSTUME IS READY

〜服は自分を自由に表現できる存在〜


作品ジャンル

ZINE

作品紹介

映画の中で、登場人物を魅力的に見せる衣装は、人物そのものを表し、作品の世界観を作り出している。
衣装の存在意義を私たちの「好き」を軸とし、研究し考察したZINE。

作者

​佐野 満弥子 
Mayako Sano

​豊川 未悠 
Mayako Sano

制作者のコメント

映画は人の心を癒し、励まし、楽しませてくれる存在。また、服にも同じように、好きな服を着ると、憂鬱な日でも出かけるのが楽しみになることもある。二つの共通点は、人の気持ちを変えることができる。この共通点を見つけたとき、日常的な物語の中で、衣装にこだわった映画は、どう物語に影響を与えているのか探したくなりました。


SOTSUTEN 2020

ZINE

京都芸術大学 映画学科

作品の感想を見る

感想をお待ちしております。

作品の感想を投稿

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は公開されません。