チョコレートクラウン

チョコレートクラウン

時任叶輪(20)と時任こよみ(26)のふたりは、同じ家に生きている。以前この家には千映(9)という家族が居たが、この夏に海の事故で亡くなってしまった。すぐに日常 ...

作品紹介

 時任叶輪(20)と時任こよみ(26)のふたりは、同じ家に生きている。

 以前この家には千映(9)という家族が居たが、この夏に海の事故で亡くなってしまった。すぐに日常に戻る叶輪と、それに反比例するように生活がままらなくなるこよみは、千映の遺品整理に手をつける叶輪も拒む。こよみはある日から“千映が居る”生活を送りはじめ、仕事にも行くようになる。“千映が居ない”生活を過ごす叶輪は、こよみに今の自分を見てもらうことも、こよみが見ている千映を見ることもできない。できるのは、雨が降った朝に雨戸を閉めるのを手伝うことくらいだった。

 夕方、大学帰りの叶輪は、いつもの公園で千映と遊ぶこよみに感情的になりあたってしまう。しかし買い物をして帰宅するとこよみが、今の叶輪、に話しかけてくる。千映とチョコレートを買ってきたのだと小さな箱を見せられる。叶輪が中身を見ると、ただの小石が3粒ならんでいる。怪訝に思いながらもおそるおそる1粒を食べると、それはたしかに叶輪の口の中に溶けていく。隣の部屋を見ると“千映が居る”。千映にことばを伝え、こよみに謝る叶輪。

 翌朝、叶輪は、こよみが外から雨戸を開ける音で目を覚ます。

映画(ドラマ、家族)/2021年/カラー


 この映画は、3回生の中編制作ゼミで、製作過程のすべてにおいて「他者(観客を含む)」の視点を考えながらつくるというシラバスのもとに製作した作品です。自分と他者のものの見え方、捉え方は異なるという当たり前のことから、自分の視界についてもほんとうであるのか? ということを問いはじめました。

 中身としては、幻覚や夢といった、理由づいていて“覚める”ことのある表現ではなく、ただそれぞれが自分の時間を生きていて、見えているものが違うふたりを描くことで、「他者の世界をまず否定しないで欲しい」「自分のことも外側から見つめてみて欲しい」という普遍的なテーマを掲げました。

 こよみが見ている千映はただの幻覚なのか? 叶輪が渡されたのは小石なのか? 多面的に、観て、考え続けて欲しい映画です。


CAST

岡本大地、原光多郎


STAFF

竹内櫻、柏原音生、岡本大地、原光多郎、長嶋佑記、大岩明日香、冨山侑起、奥雄翔、石真治、山本優里


製作

時任組

ポスター


スチール


Tag

#MILLENNIUM FILM Ⅱ


作品の感想を見る

感想をお待ちしております。


作品の感想を投稿

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は公開されません。