ほつれにふれる

ほつれにふれる

ほつれにふれる

私たち生き物は、ただ生きて死んでいく。それだけで本当は充分で、素敵で、輝いている。そんな姿を手描きアニメーションで表現しました。約一年間、この作品と一対一で向き ...


作品紹介

私たち生き物は、ただ生きて死んでいく。それだけで本当は充分で、素敵で、輝いている。そんな姿を手描きアニメーションで表現しました。
約一年間、この作品と一対一で向き合い、無事に産み落とすことができました。
ぜひ、自分が落ち着ける空間で鑑賞していただきたいです。

アニメーション/2020年/28分33秒/カラー


監督

佐藤夏季

1998年生まれ。福島県出身。
目に見えないが確かにそこにあるものを表現する方法を探している。
0.3mmのシャープペンシル、コピー用紙、iPadによるアニメーション制作を主に行なっている。

 


Tag

#TUAD 2020#アニメーション#東北芸術工科大学 映像学科


作品の感想を見る

感想をお待ちしております。


作品の感想を投稿

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は公開されません。