東北芸術工科大学 映像学科 卒業制作作品

実際に足を運んで映画を見るという行為が難しくなっている中、
「一人でも多くの方に作品を観てもらいたい」という気持ちから
東北芸術工科大学の映像作品5本を配信することになりました。

個性に彩られた作品たち、そして東北芸術工科大学映像学科をよろしくお願いします。

東北芸術大学 映像学科 4年生一同

2月14日をもちまして、本編の公開は終了となりました。
作品情報は引き続きご覧いただきます。

ドーナツ・ホール

ドーナツ・ホール

映画

大学三年生の奈緒は心の中にある「埋まらない穴」に悩んでいた。
それなりに楽しい生活を送っている方だと自覚しながらも、
奈緒は周りの友達や生徒と関わりながら気づけば
言葉に表すことのできない気持ちに頭を支配されていくのであった。

62分16秒

ぼくのらくがき

ぼくのらくがき

映画

デッサンやイラスト、アニメに漫画と色んな方法で絵を描いてきたけど、結局は落書きが一番好き。
誇れるものは何もないけど、一番思い出のある絵だと思うんです。

そんな自分の描いた落書きが現実に出てきて、主人公優月の忘れていた初心を 思い出させます。
今までの自分を恥じず、堂々として卒業後も生きていきたい。 そんな思いから作った映画です。

16分58秒

ほつれにふれる

ほつれにふれる

アニメーション

私たち生き物は、ただ生きて死んでいく。それだけで本当は充分で、
素敵で、輝いている。そんな姿を手描きアニメーションで表現しました。
約一年間、この作品と一対一で向き合い、無事に産み落とすことができました。
ぜひ、自分が落ち着ける空間で鑑賞していただきたいです。

4分26秒

群青の赴きと共に、

群青の赴きと共に、

映画

代わり映えのしない日々に無気力さを感じ、疑問を抱いていた主人公が、
元カノとの再会をきっかけに自分と向き合い、変化していく覚悟を決める様子を描いた劇映画です。
過去を振り返り、今の自分と向き合い、変化していくことの重要性、さらに相互理解の難しさを表現しています。

28分33秒

爆弾ドラゴン危機一発!

予告編

映画

プロの殺し屋ドラゴンは、殺しの依頼主である大門によって爆弾人間にされてしまう。
自分 の身体をもとに戻すため、途中で出会ったヒーローに憧れる⻘年ヒイロと共に奮闘する...
映画といえばアクション!殴って蹴って大声出して銃ぶっ放して大爆発。
大学生活は寝て も覚めても頭の中はアクションのことばかり。
4 年間アクションを貫いた私の集大成です。

27分

「東北芸術工科大学」
X
「京都芸術大学」
相互上映会

お互いの大学で卒業制作された作品を観賞し意見交換をします。
また舞台挨拶で各校の作品について話し合う様子を配信する予定です。